環境に配慮して運びたい

環境にやさしい”鉄道へのモーダルシフト”

地球温暖化の原因の一つと言われているのが二酸化炭素(CO2)です。鉄道は輸送単位あたりのCO2排出量が営業用トラックの約11分の1と少なく、環境に優しい輸送機関です。

トラックによる輸送を内航船輸送や鉄道輸送に切り替える”モーダルシフト”についてはこちら

CO2削減に向け次世代の新物流システム”スーパーグリーン・シャトル列車”を共同運用しています

スーパーグリーン・シャトル列車
【東京(東京貨物ターミナル駅)~大阪(安治川口駅)】を運行

スーパーグリーン・シャトル列車とは、10tトラックの荷台と同じ大きさである31フィート大型コンテナを20個積載可能な専用列車です。2006年3月から東京~大阪間(東京貨物ターミナル~安治川口)で運行を開始しました。“モーダルシフト”を目指すお客様が、CO2削減に向けて新しい物流システムを共同運用します。また、誰でも容易にご利用いただける新しいシステムで、鉄道利用運送事業者がスーパーグリ一ン・シャトル列車と31フィート大型コンテナを共同運用します。

スーパーグリーン・シャトル列車
【東京(東京貨物ターミナル駅)~大阪(安治川口駅)】を運行
  • ●不特定多数のお客様、トラック事業者の皆様が、ご利用回数の多少にかかわらずご利用いただけるオープン参加システムです。
  • ●鉄道利用運送事業者がシャトル列車と31フィートコンテナを共同運用します。
  • ●道利用運送事業者を通じて簡単にご利用いただけます。

関連する業務事例

  • エコを最優先した異例の鉄道輸送「クリーンかわさき号」が体現するクリーンな社会

お問い合わせ先

土日・祝日を除く平日(9:00 - 12:00 / 13:00 - 17:30)のみ

コンテナ輸送コンテンツ

お問い合わせ先

土日・祝日を除く平日(9:00 - 12:00 / 13:00 - 17:30)のみ